【裁判情報】フジ住宅の訴訟に関するブログ

フジ住宅が元従業員からヘイトスピーチに関する訴訟を起こされている。裁判の行方とフジ住宅の主張を本ブログで掲載する。

フジ住宅のプレミアムコンフォート下野町IIについて②

フジ住宅に関する情報をお届けします。
今回も、フジ住宅のプレミアムコンフォート下野町IIをご紹介します。

“最高レベルの耐震等級3を実現

次世代にふさわしい高強度住宅を目指して更なる強度や耐久性、
そして耐震性を追求しました。

自由度、強度を進化させた
フジ住宅独自の「FX-WOOD 工法」

「FX-WOOD 工法」とは、自由度の高い軸組工法と強度に優れたパネル式工法を融合させ、柱材と壁面の両方に強度を持たせ、耐震・耐風性能と同時に、通風と気密性を両立させた、これからの住宅〈基準〉性能です。

フジ住宅独自のベタ基礎(FX-BASE)、
高精度地盤調査。

FX-WOOD 工法の基礎をしっかりと支える、進化したベタ基礎〈FX-BASE〉。より精度の高い地盤調査に基づき、適切な地盤改良や補強を施した強固な地盤に、部屋の面積や加重負荷に応じてバランスよく鉄筋を配した鉄筋コンクリート製のベタ基礎を完成させました。

耐震等級表(構造の安定)
等級3

制震システム

次世代にふさわしい高強度住宅を目指して更なる強度や耐久性、
そして耐震性を追求しました。


TRCダンパー木造住宅用 [地震対策 制震システム]

倒れない。しかも、壊れない家であるために。TRCダンパーは、地震エネルギーを揺れに応じて吸収。
そのエネルギーを熱に変えて放出する、特殊なゴムを内蔵しています。
このゴムの特長により、建物の揺れを大幅に低減。
揺れを抑えることで壁の損壊や家具転倒を防止します。
「倒れない家」だけではなく「壊れない家」にするために。
木の家に、制震システムTRCダンパーを採用しています。

次世代にふさわしい高強度住宅を目指して更なる強度や耐久性、
そして耐震性を追求しました。”

現在は完売している物件ですが、耐震や制震について知ることはできると思います。ぜひ調べてみてください。
次回もフジ住宅の事業内容についてご紹介していきます。