【裁判情報】フジ住宅の訴訟に関するブログ

フジ住宅が元従業員からヘイトスピーチに関する訴訟を起こされている。裁判の行方とフジ住宅の主張を本ブログで掲載する。

フジ住宅の事業について

今回もフジ住宅関する情報をお届けします。
フジ住宅の事業内容と家づくりに対する思いをご紹介します。

“フジ住宅の事業について

・フジ住宅の街づくり
安心・安全に配慮するのはもちろん、
そこで暮らす人々が「住んでよかった」と
感じてもらうための街づくりをしています。

・安全性

明るく美しく、見通しの良い、
住む人の安心と安全と考えた
街区設計。
見通しの良い、子供が安心して
遊べる街。

各住戸には、塀や門扉のないオープン外構を採用し、見通しの良い開放的な街をつくりました。明るく美しい印象を与えるとともに、防犯面でも周りが見通せるので、不審者が侵入しにくいというメリットがあります。
街の中の安全性に配慮した、
車のスピードを抑える道路設計。

街の中の道路は、穏やかな曲線を基調とした道路設計に。道路をカーブラインとすることにより、自然と車のスピードを抑え、街の中の安全性に配慮したものです。

・コミュニティ

そこに暮らす人々の
笑顔があふれる
「つながる」街づくり。
自然とコミュニティを育む
公園が街区内に。

子供たちが安心して遊べて、自然と住民同士でコミュニティを育むことができるタウン内公園。楽しく遊べる遊具や、多彩な植栽を行い、タウン内の表情を色鮮やかに演出します。
ママも子供たちも同世代が多いから、
子育てしやすい環境。

新しい街では同じような理由で住むことを決めた人とも出会うことがあります。同年代のファミリーであれば子どもも友達になりやすく、育てる親同士もつながりやすい。そんな暮らしやすい街づくりをめざしています。

・景観

統一されたキレイな街並みと
自然の爽やかな潤いと
四季の移ろいを身近に感じられる、
色鮮やかで豊富な植栽を計画。
家族と共に育つ植栽。
四季をより身近に感じられる街。

自然の爽やかな潤いと四季の移ろいを身近に感じられる、色鮮やかで豊富な植栽を計画。自然との触れ合いを通して、子供たちの豊かな感性や好奇心を育む、心地よい暮らしをお楽しみいただけます。
外観/門柱など
統一感のある街並み。

各々に個性を持たせながらも、品格あふれる門柱や意匠性の高い外観など、色調や素材感を統一することにより、邸宅街としての統一感ある街並みを形成。より洗練された風景が生まれます。”

次回もフジ住宅の事業内容についてご紹介していきます。