【裁判情報】フジ住宅の訴訟に関するブログ

フジ住宅が元従業員からヘイトスピーチに関する訴訟を起こされている。裁判の行方とフジ住宅の主張を本ブログで掲載する。

フジ住宅の訴訟と裁判 第7準備書面

フジ住宅の訴訟と裁判に関する書面を、公式ブログから紹介しています。

”4 このように、原告の主張は本件裁判における勝訴判決を目指す目的と、運動論としての目的とがない混ぜとなっているためか、いたずらに稿数と頁数を重ねるばかりで一向に法的な整理がなされずに来たが、この度原告第14準備書面において職場環境の問題として一定の整理がなされたことを受けて(今もなお具体的にどの点が違法であると主張するのか理解が難しい点もあるが)、被告会社としてこれに対応した反論を行う次第である。

第2 「職場環境配慮義務違反」の主張に対する反論
1 「ヘイトスピーチに当たる文書の配布行為」について
(1)原告は、「原告が主張しているのは、優越的な立場にある使用者である被告らが職場において多数の従業員に対しヘイトスピーチに該当することが明らかな文書を配布したことによって、職場で人種差別的言動が大きく助長されるという点である。したがって、使用者たる被告らが職場で配布した文書の内容が問題なのである」と主張する(原告第14準備書面21頁)。
(2)しかしながら、まず被告らが職場において配布した文書が「ヘイトスピーチに該当することが明らかな文書」であるということ自体、被告会社としてはこれを争うものである。
(3)また、原告の上記主張をあえて善解すると、「優越的な立場にある使用者」が職場で「ヘイトスピーチ」に該当する文書を配布したことにより、職場で人種差別的言動が大きく助長され、その結果原告個人が損害をこうむったため、その賠償を求めるという立論になるはずである。
   しかしながら、原告が「ヘイトスピーチに該当する」と指摘する表現の配布行為によって、具体的に被告会社においてどのような人種差別的言動が発生するようになったのか、それによってなぜ原告個人が損害をこうむったと言えるのかが今もって明確な主張がないのである。”

次回も第6準備書面について続きから紹介していきます。