【裁判情報】フジ住宅の訴訟に関するブログ

フジ住宅が元従業員からヘイトスピーチに関する訴訟を起こされている。裁判の行方とフジ住宅の主張を本ブログで掲載する。

フジ住宅の訴訟と裁判 『ブルーリボンバッジ』について

今回もフジ住宅の訴訟・裁判に関する情報をお届けします。
今回はフジ住宅の裁判・訴訟の内容から、最新情報をご紹介します。なお、最新情報は公式ホームページから抜粋しています。長いので分割してお届けします。

“弊社を応援してくださる皆様、いつも弊社に温かい励ましのお言葉を賜り、また、熱心に裁判の応援を続けてくださり、本当に有り難うございます。心より御礼申し上げます。
およそ2ヶ月ぶりに、当ブログを更新いたします。

既に産経新聞11月11日の記事で、弊社代表取締役会長の今井光郎と、一貫して弊社の立場を支援してくださっている傍聴人の方が、本件(裁判所におけるブルーリボンバッジの扱い)について訴訟を提起する事が報道されていますが、本日11月17日(火)午後1時に、原告を、弊社会長の今井光郎、弊社を応援してくださっている傍聴人の皆様の代表として、南木隆治氏、黒田裕樹氏の2名、併せて3名を原告とし、『ブルーリボンに関する裁判官の訴訟指揮は違法であった』とする内容で、国家賠償法に基づく民事訴訟を提訴いたしました。

詳細は、今後、当ブログに追って掲載して行きますので宜しくお願いいたします。

また、進行中の弊社裁判は大阪高等裁判所にて、第1回の控訴審期日が来年、令和3年(2021年)1月28日(木)10時30分より始めると、裁判所よりご連絡をいただいております。

今回提訴いたします「ブルーリボン裁判」も、また高裁での控訴審も、詳細は当ブログで詳しく掲載していく予定です。

弊社と、弊社会長の今井を被告とし、「フジ住宅はヘイト行為を続ける企業である」との全く事実無根の不当な訴えを、弊社は一切妥協せず、最終完全勝訴まで戦い抜く決意を固めておりますが、今回逆に弊社会長の今井が原告のひとりとなって提訴する『ブルーリボン裁判』が始まるわけで、この二つの裁判の行方は、「新型コロナウイルス禍」によって、国際情勢も激動している中、益々我が国の国民全体の人権に関わる重要な裁判になるのではないかと思います。

そういう意味で、弊社の責任は重大であると思っております。
ここまで弊社裁判を支え、応援し続けてくださっている皆様に深く感謝し、心より、重ねて御礼申し上げます。
そして、どうぞ今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

(編集責任 フジ住宅株式会社)”

次回はこの続きから紹介したいと思います。

フジ住宅の訴訟と裁判 訴訟・裁判に関するQ&A

今回もフジ住宅の訴訟・裁判に関する情報をお届けします。
今回はフジ住宅の裁判・訴訟の内容から、最新情報をご紹介します。なお、最新情報は公式ホームページから抜粋しています。長いので分割してお届けします。

“弊社裁判を応援してくださる皆様。
長期に渡り、ご支援、ご鞭撻を賜り、本当に有り難うございます。
このたび、訴訟・裁判に関する『Q&A』を設定しました。
御一読いただけますと幸いです。

令和2年7月2日の大阪地裁堺支部 中垣内裁判長による一審判決に伴い、多くのご質問、ご意見が弊社に寄せられています。
その中の代表的な御質問について、一問一答(Q&A)の形で、11項目を準備させていただきました。

お読みいただければ、弊社の見解の正当性をご理解いただけると信じています。
『Q&A』が表示されているページのURLは
https://www.fuji-jutaku.co.jp/node/2062
で、このページにアクセスできるバナーは、当記事が表示されているこのページのすぐ上に、『訴訟・裁判に関するQ&A』と書かれているバナーです。
容易に見つけていただけると思います。
そこをクリックしていただきますと、Q&Aの当該ページが開きます。

また、同じく、弊社『フジ住宅株式会社』公式ホームページ
https://www.fuji-jutaku.co.jp/
のトップページを開き、下の方にスクロールしていただきますと、ページ幅いっぱいに、上記バナーと同じく、『訴訟・裁判に関するQ&A』と書かれているバナーを見つけていただけると思います。

是非、この『Q&A』を読んでいただき、我が国の「言論の自由」が、現下にどの様な危機的情況に追い込まれているかを弊社と認識を等しくしていただけると幸甚です。

弊社に対し為されている訴えはまったく不当なもので、これを少しでも認めてしまえば、著しい日本国民への言論弾圧言論の自由への侵害が今後、益々引き起こされるであろう事はほとんど自明であると弊社は判断しています。
高裁では必ず逆転勝訴できると確信しており、またそうでなければ、我が国の言論の自由は大きく毀損される事になるでしょう。
そういう意味で、弊社の責任は極めて重大であると思っております。
ここまで弊社裁判を支え、応援し続けてくださっている皆様に深く感謝し、心より、重ねて御礼申し上げます。

皆様、どうぞ今後とも、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

(編集責任 フジ住宅株式会社)”

次回はこの続きから紹介したいと思います。

フジ住宅の訴訟と裁判 7月2日の判決結果について

今回もフジ住宅の訴訟・裁判に関する情報をお届けします。
今回はフジ住宅の裁判・訴訟の内容から、最新情報をご紹介します。なお、最新情報は公式ホームページから抜粋しています。長いので分割してお届けします。

“最後に、原告を支援する人々や、原告弁護団が「ヘイト本」と言っている書籍は、我が国の書店で誰でも、いつでも、いくらでも購入できる書籍です。その表紙や、帯には、彼らが「ヘイト発言」と批判する文言をたくさん見つける事ができます。もちろんそれらの文言は、多くの場合、その書物の文脈の中で語られている内容の一部であって、その言葉だけ単独で発信されているわけでない事は常識です。

ところで、
例えば、我が国のどこかの大書店において、原告と同じ発想、主張をする外国籍の従業員がいて、
「このようなヘイト本が並んでいる職場で仕事を続けさせられる事は、大変な精神的苦痛で、また自身の尊厳を汚されていると感じる。」と訴え、裁判を起こせば、どうなるでしょうか。

もしも、最終的にこの裁判で弊社が敗訴すれば、必ず我が国の言論、出版、思想信条の自由に大きな制約、弾圧が、加えられる事になるでしょう。
上記のような書店では、特定の国を批判する政治情勢が書かれた書籍が一切販売できなくなるでしょう。

もしもその国と我が国が不運にも「戦争状態」に入ったらどうなるでしょうか。その国を批判する書物は例え交戦の相手国でも販売できなくなります。我が国はそうして滅びて行く事になるでしょう。

弊社の社員の多くが、顧客に信頼していただき、相談相手にまで選んでいただいている背景には、実に膨大な書籍、各種情報を会社が社員に提供しているからであると弊社は考えています。

弊社顧客の半数近くが、リピーターであったり、顧客によるご紹介をいただいたりすることで成り立っています。他社に無い弊社の大きな特徴で、弊社が誇りとしている事です。

弊社は、多くのマスメディアが報じたような「ヘイトハラスメント企業」では断じてありません。

我が国の言論の自由を守るためにも、また弊社の従業員の精神の自由を守るためにも、最後まで弊社は当裁判を勝ち抜く所存です。

弊社は既に控訴の準備を整えました。
大阪高等裁判所では必ず逆転勝訴できると確信しています。

どうぞ皆様、今後とも何卒宜しくご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。
いつも本当に有り難うございます。

(編集責任 フジ住宅株式会社)”

次回はこの続きから紹介したいと思います。

フジ住宅の訴訟と裁判 7月2日の判決結果について

今回もフジ住宅の訴訟・裁判に関する情報をお届けします。
今回はフジ住宅の裁判・訴訟の内容から、最新情報をご紹介します。なお、最新情報は公式ホームページから抜粋しています。長いので分割してお届けします。

“さて、判決では、3300万円の原告の請求に対して、30分の1の110万円の支払いを弊社に命じています。訴訟費用についても原告自身が30分の29を持たねばならない事が示されています。
判決から、訴えの内容の軽重を判断すれば、当裁判は30分の29までは、当方の勝訴であり、恐らくその潜みで考えれば、配布物等についても、30分の29までは合法であったが、残り30分の1が「その態様、程度が最早社会的に許容できる限度を超える場合」に当たるのかなと推量もできると思います。もちろんそうは判決理由には明示されてはいないですが。

しかしながら、30分の1であろうと、100分の1であろうと、あるいは1000分の1であっても、本件に関しては、裁判所がほんの少しでも「違法性」を認定したため、多くの新聞、テレビニュース等が報道したような「偏向報道」、実質上の「虚偽情報」が今後も大量に拡散される事態となるでしょう。

そういう意味で、当裁判は、裁判を利用して原告と、原告を支援する人々が起こした日本人への「言論封殺」を目指す政治活動の面があると、弊社は判断せざるを得ません。
そして、中垣内裁判長は、賠償金について法的には30分の1の勝利しか原告側に与えないにしても、ご自身も「ブルーリボンバッジ」に関して明らかに「政治的態度」を示されました。
ブルーリボンバッジ」を外すように訴訟指揮された裁判長は、中垣内裁判長以外いらっしゃらないのではないかと思いますし、そういう意味では中垣内裁判長は結果的に、原告たちを利する政治活動をされたともいえるのではないでしょうか。

こうして皆様に、訴訟指揮まで含む、この裁判全体を囲む真実を分かっていただく事が、当裁判そのものの進捗よりも大きな比重を持つ状況になってきています。”

次回はこの続きから紹介したいと思います。

フジ住宅の訴訟と裁判 7月2日の判決結果について

今回もフジ住宅の訴訟・裁判に関する情報をお届けします。
今回はフジ住宅の裁判・訴訟の内容から、最新情報をご紹介します。なお、最新情報は公式ホームページから抜粋しています。長いので分割してお届けします。

“このような訴訟指揮をされる裁判長が当裁判において公明正大な判断を示していただくことができるものか、疑念を抱かざるを得ません。

結局のところ、判決では、個別に弊社に明確な違法行為があった事を何一つ提示できていません。

ではなぜ、弊社を敗訴に持っていけたのかというと、原告たちが提示している多くの事について、個別には違法でなくとも、
「その態様、程度が最早社会的に許容できる限度を超える場合には違法」と言う発想を使ったからで、弊社を敗訴に追い込む結論は、最初から決まっていたという感触を、裁判推移の中で弊社は持っています。

それでは、上記の「その態様、程度が最早社会的に許容できる限度を超える場合」と言うのは誰が決めるのでしょうか。
どの程度なのでしょうか。
会社の配布物を原告に決めてもらえと言う事なのでしょうか。

会社が従業員に配布するもので、個別では違法でないが、一定程度以上になると違法になるその程度は、誰が決めるのでしょうか。それでは「その正しい答えを知っている」外部の団体に会社は乗っ取られるのではないでしょうか。

もしこの判決を受け容れれば、弊社は今後国際情勢等に関する書籍を、一切、社員に紹介することすら出来なくなってしまうでしょう。少なくとも何を配ってよく、何を配ってはいけないのかを自分で決める事ができなくなるでしょう。
それは弊社の終わり、ゼロから、ここまで育ってきた弊社の生命の根源を封じられる事になります。”

次回はこの続きから紹介したいと思います。

フジ住宅の訴訟と裁判 7月2日の判決結果について

今回もフジ住宅の訴訟・裁判に関する情報をお届けします。
今回はフジ住宅の裁判・訴訟の内容から、最新情報をご紹介します。なお、最新情報は公式ホームページから抜粋しています。長いので分割してお届けします。

“弊社は、当裁判の訴訟指揮において、中垣内裁判長が一貫して「ブルーリボン(バッジ)」を外さなければ、裁判を傍聴する権利を認めなかったことを、違法な訴訟指揮であったと認識しています。これは、弊社を応援し、傍聴してくださる皆様も同じ見解をお持ちです。傍聴人の皆様が我慢に我慢を重ねて、中垣内裁判長の気分を害して、裁判で、弊社が不利な扱いを受けてはいけないとのご配慮から、その都度、常軌を逸しているこの訴訟指揮に従ってくださった事を弊社は良く知っており、深く感謝しています。また、本当に申し訳なく思っております。

また、弊社会長今井も、本人尋問において、「ブルーリボンバッジ」を外さなければ、開廷しないと中垣内裁判長に告げられ、裁判が始まらなければ、傍聴に来てくださっている皆様に非常に申し訳ないと思い、また自身の証言もかなわなくなるため、やむなく「ブルーリボンバッジ」を外すという場面がありました。本人尋問中に、法廷内で「なぜ外さなければ開廷できないのか」を、ごく自然に質問した今井に、中垣内裁判長の回答は何もありませんでした。
詳細は以前の当ブログを是非読んでください。今井もまた、中垣内裁判長の対応は、以前もこのブログに示したとおり標記法律に違反しており、違法な訴訟指揮だと考えています。

法律第九十六号(平一八・六・二三)
拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律

(国の責務)
第二条  国は、北朝鮮当局による国家的犯罪行為である日本国民の拉致の問題(以下「拉致問題」という。)を解決するため、最大限の努力をするものとする。”

次回はこの続きから紹介したいと思います。

フジ住宅の訴訟と裁判 7月2日の判決結果について

今回もフジ住宅の訴訟・裁判に関する情報をお届けします。
今回はフジ住宅の裁判・訴訟の内容から、最新情報をご紹介します。なお、最新情報は公式ホームページから抜粋しています。長いので分割してお届けします。

“裁判所は、原告が裁判を起こす前の社内環境には違法と言えるような「文書配布」は無かったが、裁判を起こしてからの会社の対応には「原告の自尊感情を著しく傷つけ、在日韓国人が不当に差別を受ける恐れを感じてもおかしくない」対応があったと言っているのです。
まったくの無茶な言いがかりだと言わねばなりません。
弊社は、何度も言っていることですが、現在5名の、被告今井を含む中枢の取締役中、2名が「韓国系日本人」で、そのうち一人は、部長昇進後に帰化されたのです。被告今井はその方々が中枢の幹部になるまで育て上げたのです。判決の理由の説明に「韓国人への著しい嫌悪感」を今井も、会社全体としても持っているような事が断定的に書かれていますが、そのようなことは断じてございません。
判決の判断の大きな誤りを示すのが、判決の以下の部分です。本件配布①と言うのは裁判開始以前の書籍や、文書の配布の事であり、本件配布②と言うのは裁判開始以後の書籍、文書配布の事を意味します。

中垣内裁判長は、裁判が始まって以降も、先日の本人尋問が始まるまで、弊社がどれほど苦労して、原告が誰であるか、関係部署以外の全社員に分からないように、原告の名を社内で秘し、原告の人権に配慮をしてきたか、まったく理解してくださらなかったと思えます。「サ」の最後の結論「本件配布②を除き」の部分は、原告を除く恐らく全社員が承服できない判決理由であろうと思います。

また、中垣内裁判長は私企業における社員教育の裁量についても、原告以外の全社員の人権についても、弊社とまったく認識を異にしておられる事がよく分かりました。”

次回はこの続きから紹介したいと思います。